共済組合のしくみ 短期給付 長期給付 福祉事業 当共済組合のご案内

地図検索

各種一覧表

  • 各種請求用紙ダウンロード
  • 共済担当者 専用ページ
  • えひめファミリー健康相談メンタルヘルスカウンセリング
  • ライフプランステーション
えひめ共済会館
詳細ページはこちらから

契約宿泊施設

注意事項

福祉施設利用助成(えひめ共済会館以外)

  • 掲載の対象施設に廃止・売却・譲渡・施設区分の変更等があった場合は、その事由が発生した時点から当該施設を対象外施設とします。
  • 助成の対象となるのは、愛媛県市町村職員共済組合の現職組合員及びその被扶養者(任意継続組合員・及びその被扶養者、並びに本組合が被扶養者として認定していない扶養家族は対象外。以下「組合員等」という。)で、掲載の対象施設に宿泊した場合は1人1泊につき1,000円を助成します。ただし、宿泊日数が7日を超える場合は7日間を限度とします。
  • 公費による出張は、助成の対象になりません
  • 乳幼児等で宿泊しているが宿泊料が無料である者(乳幼児用の追加ベッド料金が発生した場合は対象となります)、バンガロー等で宿泊人数に応じて1棟当たりの料金が計算される場合にその人数に含まれない者等、宿泊していても宿泊料の算定対象とされない者は、助成の対象になりません
  • オートキャンプ場等については、バンガロー、コテージ、ケビン、トレーラーハウス等の固定宿泊施設で宿泊した場合を対象としており、テント又は車での宿泊については、助成の対象になりません
  • 宿泊料に対する助成となりますので、宿泊料以外の食事等の料金は助成の対象になりません。また、宿泊料が1,000円に満たない場合は、当該宿泊料金が助成金額となります。
  • 助成金の請求は、「福祉施設利用助成金請求書」に領収書・領収済明細書・会計書等(宛名・宿泊日・宿泊人数・宿泊料金の記載及び領収印のあるもので必ず原本が必要)を添付し、所属所長を経由して組合に提出してください。

愛媛共済会館利用助成(えひめ共済会館)をご利用の場合

  • 助成の対象となるのは組合員等で、「愛媛共済会館利用助成金請求書」をチェックインの際にフロントに提出することにより、1人1泊につき2,400円の助成額を差し引いた宿泊料金でご利用できます。ただし、宿泊日数が7日を超える場合は7日間を限度とします。
  • 公費による出張は、助成の対象になりません。

新婚・銀婚利用助成、永年勤続利用助成(えひめ共済会館)

  • 新婚組合員夫婦(新婚1年未満)・銀婚組合員夫婦(結婚25年)及び勤続25年の組合員(既婚者を除く。)は、所属所長の証明を受けた「新婚銀婚等愛媛共済会館利用助成金請求書」をチェックインの際にフロントに提出することにより、1人1泊2食の実費相当額の助成額を差し引いた料金でご利用できます(夫婦ともに組合員である場合も2人で1回限りの利用)。予約の際に新婚・銀婚・永年勤続利用助成であることをお申し出ください。
  • 公費による出張は、助成の対象になりません。

戻る

 
人間ドック 貸付償還表 物資契約業者 物資指定店会 貯金払戻スケジュール